企業看護師としての採用を有利にする関連資格

企業看護師としての採用を有利にする関連資格

一般企業において勤務している看護師を企業看護師と言いますが、企業看護師は病院勤務の看護師と違って多岐にわたり知識とスキルが必要となってきます。企業看護師を常駐させることの魅力に大変注目が集まっていますから、需要も年々高まってきているのですが、その分役割が大きくなってきているのも事実ですので、看護師の資格以外にも取得しておいた方が良い資格や企業看護師となって取得を勧められる資格もあります。

 

日本のみならず世界各国で禁煙の動きがあるように、喫煙者に対して禁煙を勧める企業も増えてきています。よって、企業看護師は社員に禁煙を勧め、禁煙に成功できるようアドバイスをしたりサポートをするような業務も出てきているようです。ですから、禁煙にまつわる資格なども大変注目されており、企業看護師の方の取得率も高い傾向にあります。

 

その他にも、心理カウンセラー関連の資格をはじめとして交流分析士、行動療法士、音楽療法士、産業カウンセラー、運動療法士、救命救急士、衛生管理者等の資格を取得されている企業看護師の方も多いと言います。だからといって絶対に取得しておかなくてはいけないわけではないですし、看護師以上に役に立つ資格は保健師のみと言っても過言ではありませんから、まずは看護師の資格を十分に生かせるよう仕事に集中していくと良いでしょう。仕事をしていく上で必要に応じて資格を取得するようにしたとしても、遅いということはありません。