企業 看護師 連携

企業で働く看護師『他職種との連携の重要性』

医療機関などを例として考えると、看護師の仕事はある部分分担性になっていると思います。その上で患者さんの様々な情報を正確に報告・管理していますよね?仕事上、看護師以外の医師や医療専門職の方々とも日々関わっていきますが、基本は同じ看護師同士の中で仕事をこなしていくことになります。これに比べて企業で働く産業看護師の場合はどうなのでしょうか?

 

全ての企業というわけではありませんが、産業看護師は産業保健活動のスタッフとして様々な職種と連携して仕事を行う場合があります。ある大企業ですが、社内の健康管理室に産業医、看護師あるいは保健師、衛生管理者、臨床心理士などを置いて、企業内の産業保健活動を専門スタッフとして行わせる場合もあります。こうなると、それぞれの職種での役割は違いますが、お互いが連携して仕事をしていかないと効率的な産業保健活動を行なっていくことができません。

 

産業医は医学・医療という側面から社員の健康をサポートしますし、衛生管理者は社内の様々な健康問題を統括して指導、および改善案や企画を立てていく立場にあります。保健師や看護師は、それぞれの知識・技術を持って社員の企業生活での健康を見つめ、産業医をサポートしていきます。臨床心理士は主に社員の精神面・心理面から健康問題にアプローチしていきます。それぞれがうまく連携して業務をこなしていけば、社員に対してきめ細かいサポート・ケアが可能になってきます。

 

このように、多人数の社員を抱える大企業は、一つのチームとして専門家達が業務を行う方がメリットは大きいと感じているわけですね。病院勤務の看護師から産業看護師になった方々は、こういった業務形態での仕事は初体験になるのかもしれません。企業とは違いますが、大学の医務室でも看護師や保健師だけでなく、様々な専門スタッフを置いているケースがあります。

 

一般企業で、普段は一人で産業保健活動全般をこなしている産業看護師も、定期的にやってくる産業医の元では医療スタッフとして健康診断の補助を行います。通常勤務中でも、人事・総務など、健康面のサポートから様々な部署と関わっていきますので、けっして一人で仕事をしているというわけではありません。このようなことも医療機関の勤務に慣れた看護師にはちょっと新鮮に映るかもしれませんね。

 

産業看護師と言っても職場はいろいろ。一人で勤務する場合もあれば、専門スタッフの一員として活動する場合もあります。もしあなたが専門スタッフの一員になったら、医療機関での看護師とは違った醍醐味を体験できると思いますよ。