看護師は企業で働くべきか病院で働くべきか

看護師は企業で働くべきか病院で働くべきか

企業で働く産業看護師の重要は近年とても高くなっていて、これに伴い病院などから転職して産業看護師になる看護師の方々も増えています。企業勤務と病院勤務、将来的なことを考えたときどちらが良いのか・・・簡単に結論が出る問題ではありませんが、両者を比較検討することから考えてみましょう。

 

勤務体系での比較

病院での看護師の勤務は「病棟勤務」「か「外来勤務」になります。中でも病棟勤務に就いた場合、24時間フルサポートの交代制勤務になりますから、夜勤を避けて通ることはできません。これに対して企業で看護師が働く場合、基本的に日勤業務になります。残業などは状況によってあるかもしれませんが、夜勤はないと考えてよいでしょう(ただし工場系の企業に勤務した場合は、夜勤もある程度考慮しなければなりません)。

 

医療、および医療行為での比較

看護職というのは責任が大きい仕事です。これは病院勤務の看護師であっても企業に勤務する看護師であっても同じです。しかし、医療行為・医療補助がメインである病院の看護師は、仕事上常に医療ミス・医療事故に対して神経を使わねばなりません。看護師の方々は納得していることでしょう。産業看護師は健康面で社員の病気などを予防するという活動がメインであり、社員の病気や怪我の応急処置はあるものの、常に医療行為などに携わるわけではありません。産業看護師は医療ミス・医療事故のリスクが少ないと言えるでしょう。しかし、産業看護師の仕事はとても幅広く煩雑であるという側面を持っています。

 

職場での人間関係における比較

病院勤務の看護師が離職する要因の一つに「職場での人間関係」が挙げられます。詳細は省きますが、様々な人間関係の問題で精神的にストレスを抱え込んでしまい離職する、こういったケースが後を絶たちません。また出産・育児などでブランクがあった場合、復職に際してもかなり悩んでしまう方々が多いというのも事実です。産業看護師の場合はどうかと言うと、企業に置かれる産業看護師が1〜2名という現状であり、同僚間での人間関係はそう問題にならないようです。また、結婚・出産・育児に関する社内規程もかなりしっかりしている企業が多く、女性の方々は不安なく勤務できるようです。

 

最後に待遇面などにも触れますが、病院勤務も企業勤務も看護師という立場なので、普通に働いている女性に比べるとかなりの高給です。年齢・経験などによって差はありますが、両者共に満足のいくものだと思いますよ。ただ、現実のデータとして、産業看護師の離職率がとても低いということ、求人においては、産業看護師の募集は病院勤務の看護師より少ないということも知っておいてくださいね!

 

どちらも一長一短であるのかもしれませんが、客観的に肉体面・精神面での疲労度や人間関係という部分を考えると、やはり企業で働く産業看護師の方にやや分があるような気がします。あなたはどうお考えになるでしょうか?