企業 看護師 健康指導

企業で働く看護師『病院では体験できない健康指導業務』

病院勤務の看護師の仕事は医療に類する業務であり、その中で患者に様々なケアを行なっていきます。しかし、産業看護師は医療に類する業務ではなく、企業で働く社員の健康面のケア・サポートを通じて企業の発展に貢献していくことが主な仕事になります。定期健康診断・健康相談・健康指導を行なうのも産業看護師の仕事の一つですが、中でも「健康指導」というのは医療機関勤務の看護師の方々にはあまり縁がないものかもしれませんね。

 

健康ブームで老いも若きも「健康」には関心が高い時代です。自身の健康は自己管理と言われている部分も多々あります。しかし企業の社員に目を向けると、仕事の忙しさなどからついつい健康に関して関心が薄れがちになる場合が多いようです。このような社員に対して定期健康診断を行い、社員の健康状態を把握し、問題がある場合は健康指導などを行なっていくのが産業看護師です。

 

また、健康上問題のない社員の方々にもいろいろ指導することはでてきます。健康は病気になって初めてその大切さが理解できる、と言われていますが、日々注意すべきこともたくさんありますよね。体をあまり動かさないことから起こる弊害やストレスには、会社でも出来る軽い運動などを指導していくこともあるでしょう。また、メタボリックシンドローム対策の中心として義務付けられた特定健康診査を考えたとき、肥満に関する指導も欠かせないものになってきます。

 

このように、定期的な健康診断だけではなく、日々の健康指導を行なっていくことは産業看護師の一つの特徴に挙げられると思います。健康指導には、健康面で不安を抱える社員への「相談業務」なども含まれますから、産業看護師というのはなかなか大変で気苦労も多い仕事なのかもしれません。しかし、健康面からと言いつつ、日々社員に関わっていきますので、人とのコミュニケーションという部分での産業看護師はとても魅力のある仕事なのですよ!

 

健康指導に関わる業務は、病院勤務ではなかなか体験できないものと思いますが、健康指導を行なっていく上でも看護師としての経験や技術はあなたの活動をしっかり支えてくれるはずです。社員一人一人の健康を支えていくことに喜びを見いだせれば、あなたも一人前の産業看護師と言えるのではないでしょうか。