企業 看護師 服装

企業で働く看護師『服装は白衣?スーツ?』

医療機関での看護師の服装は、だいたい決まっていたと思います。昔は白衣のワンピースといった感じでしたが、現在は薄い色付きの場合が多いですよね。それにしても、医療機関では、看護師の制服を着用して「初めて自分が看護師になったことを実感する」とはよく言われることです。それほど看護師にとっての制服には意味があるということなのですね。では、企業で働く看護師の場合はどうなのでしょうか?

 

看護師の服装に関しては、ある程度企業側が指定してくるとお考えになっていいかと思います。ただ、産業看護師の服装はこうでなくてはダメだ!という規定があるわけではありません。行なっていく仕事の内容によって、こんな傾向にあるということをお話しいたしましょう。参考程度にしてくだされば幸いです。

 

例えば、医療行為・医療補助などを行う傾向の強い職場では、看護師の代名詞でもある白衣の着用をすすめられることが多いですし、職場によっては事務的な仕事の方が多い場合だってありますよ。こういった職場では、白衣よりもビジネススーツ的なものを求められる可能性もあります。また、医師のように白衣の上着着用という企業もありますね。

 

産業看護師を目指している看護師のみなさんは、服装という部分で少し気になるとは思いますが、企業では必ずしも白衣を着るというわけではありません。産業看護師は看護師であるとはいえ、まず企業の一社員であることを認識しましょう。ですから、企業から求められる服装があなたの「看護師の制服」ということになります。スーツであったり、白衣であったりいろいろだと思いますが、服装はどうであれ、あなたが企業の社員の健康面をしっかり管理・サポートしていく看護師であることは間違いありません。その格好に恥じないよう企業の一社員として仕事に取り組んでいただければ、と思います。

 

蛇足ですが、白衣のワンピースでない場合は、最初は馴染めないこともあるかもしれません。しかし「これが看護師としての私の服装だ!」と思えば意外に慣れていくと思いますよ。産業看護師として現場で働いている方も、これから産業看護師になろうとお考えの方も、常に心に白衣を纏ってください!これが一番肝心だと思うのですが・・・いかがでしょう。